台風は日本の味

  台風は日本の味がする。   今、本郷三丁目のスタバにいる。 台風前なのに、すごい人だ。学生さんがノートをひろげて、必死に勉強している。台風前なのだから、家にいればいいのになぁ…とおもうのだけど、そ…

想念の溜まる場所

教会が好きなのは、想念の篭る場所だからだ。 今、スペインの巡礼路に来ている。 スペイン北部にある聖地を目指して、約800kmの道を1ヶ月かけて歩く訳だけれども、一年に約2万人もの人が世界中から訪れるこの場所は、ちょっとし…

自分探しは悪なのか?

  この記事がシェアされて来たので読んだけど、内容とイントロの文言の不一致感と、それから「お前が言うなや」感がすごかった。   「自分探し」の奴隷から脱出せよ! クリエイター紀里谷和明、蜷川実花が熱く…

MEMO:机の上には霧の夢

  編集者さんと話す。歳上のベテランの編集者さんとお話しすると勉強になることが多い。 その方に、これまで書いたものの原稿の束の中にぐちゃぐちゃとメモをしまくったものを見られて、 「へえ、こうやって書いているんで…

やりまんにならない勇気

今、3冊の本の原稿を抱えている。秋に出版される予定の絵本も含めると4冊が同時進行だ。 一冊も本を出したことがなく、キャパシティも知識も経験もないのに、3冊の原稿を同時に書いていて、頭の中は渋谷の駅構内みたいにわっちゃわち…

言葉と物体

今日、なんとなく銀座三越に行ったら、懐かしの「遊☆戯☆王」の高橋和希先生と、どこぞの彫刻家さんがコラボレーション展をやっているとのお知らせが貼ってあった。 高校生の時に和希絵にどハマりしてブルーアイズホワイトドラゴンのカ…

「老い」と「恨み」

今、南の島でサーフィンをしている。 28年間生きてきて、今が一番元気だ。 一年前に整体を習い始めてから、私の身体は劇的に変わった。 続いて、サーフィンをすること、また平均化訓練を覚えたことで、私の身体はどんどんたくましく…

母、子、ら、せん、

  ふいに人生の隙間にゆるゆると、涙が伝う時があり、 その時に胸の内に起きていることと現実のあわいに起きていることの差に次にわらってしまうのだけど、 過去のもやもやが、人生のある一点において結実して「あああれは…

本を書く

    本を書いている。 どういうわけか運命の糸がわやくちゃに混線して、気づいたら3月中に8万字書かなければいけなくなった。 初めて本を書くのに、無茶である。 おかげでノルウェイのトロムソという街で、…