5月28日に開催した、5感を使って書くクリエイティブライティング講座、参加者からの感想です。

 

こんにちは。
講座に参加させていただきましたSです。
先日は濃厚な時間をありがとうございました!!
ずっといただいたコメントを反芻しながら原稿に向かう日々をすごしています。
感想は色々ありすぎて、まとまってないですが、こんなことを感じましたと言うことを簡単に書かせていただきます

▪️身体を動かすこと、人と触れ合うことでこんなに内面が変わると思っていなかった!

身体を動かす(運動する)と鬱々とした気分が晴れたりした経験はあったのですが、
室内でできるシンプルな動きでもこんな風にオフになった感覚が戻ってくるのかぁという実感がありました。
そして何より驚いたのは、日頃人に触れることにすごい恐怖心を抱いている自分に出会ったこと。
最初のワークが(お隣が女性だったこともあって・・・)緊張MAXでした。
何かを書くときに先生だったり親だったりnetの先の見えない人たちだったりの反応をすごく気にしちゃってるのと同じで
私が触れて嫌じゃないかな、キモいと思われないかな・・・とか脳内メモリのバックグラウンドでいっぱい考えて、
手を出せない普段の自分を見つけました。こんなに怖かったのか、と。
途中まではその緊張感が残っていて、
「今日わたしやっていけるのかしら・・・」と不安になったと言うのが正直なところです。
でも、繰り返しやっていると、相手を身近に感じられて少し緊張がほぐれたり、
いっそ手を繋いだり背中合わせたりしてると恐怖超えて「もういいやーっ」ってなってきた。
もしかしたら同じ緊張を持っている人は多かったのかもしれないけれど、相手が受け入れてくれることで、
ちょっとずつこっちも図々しくなれると言うか、安心して一緒になっていける。
最後には、もう相手に委ねちゃってたし、そんなことを人様にできるようになっている自分に驚きました。
恋が始まってから(というかその前の初対面から)、同じ布団で寝るようになるまでをギューっと凝縮して体験したような気持ちでした。
身体を動かして開いた、感覚への自由さだけじゃなくて、人と一緒にやることで開く門があったように思います。
恋人に対して安心できるようになると、すっぴんで過ごしたり言いたいことがよりはっきり言えるようになるみたいに、自分が口にすること、書くものに対してもあの部屋の中では正直になれたように感じます

▪️子供の頃のことを色々思い出した。

その次のワーク。
自分が子供の頃から好きなものとか出してるものが変わってないことに驚きました。
「そんなにずっと好きなのかよ!」と思うと、ワンパターンに悩んでいた自分に諦めがつくというか、「もうそんなに好きならいいじゃない・・・」と自分を許せる気がしました。
あと、人の発表を聴きながら、自分もそんな風に先生にしかられてアウトプットを場に最適化させる癖がついたな・・とか、こんな面白いこと考えてるやつクラスにいたかもしれないと思うと楽しいな!なんて妄想が広がったりとか、勝手に入っていた檻から出られて、次のワークで自分の嫌なところ、醜いと思って表に出さないようにしているところも書き出せたように思います。

▪️フィードバックの濃さ、相手への問いを諦めないでいてくれるところが嬉しかった。

先日の講座後にも少しお話させていただきましたが、とにかくインタビューでの質問や最後のフィードバックがすごくありがたくて、それだけで泣きそうでした。(泣きました。。)
感じたことを微分して言葉にする、なぜを繰り返す、「私は」を主語にして考える、読者を設定する…どれもハウツーテクニックとして聞いたことがあるものだけど、いかにやれてないか痛感しました。
そういうのって、読んで知った“気”になるだけじゃほんと意味なくて、その中の1つでも自分で諦めないで繰り返さないといけないなぁと
グループワークでメンバーや美由紀さんと向き合ってそれをやってもらえたことで、
自分でも手離さないで探って掘っていく感覚を体感することができました。
あの時は掘りきれなくて、すごく悔しくて悔しくて洟も垂れてしまいましたが、
繰り返してもっと掘っていきたいし、納得いく核を掴んでアウトプットできるようになりたいと思いました。

あと、これは余談ですが、、
感覚を扱うワークショップって、「こんな風に感じました〜」という参加者のアウトプットに対して、
主催者側から「そうそうそんな感じ!」「わかるわかる〜」みたいに感覚とか共感で返されるとすごくイラっとするんだなという自分の中の感覚がわかりました。
今回の講座の何に感動したおかげで、これまでそう言う会に感じてた違和感の理由が明確になりました。
美由紀さんも麻美さんも、共感とかよかったフレーズの指摘をしてくれた上で、「それはその人のどう言う能力なのか?」をちゃんと言葉にして返してくださって、そのことに感動したのだと思います。
あの場で褒めてもらえたこと、認めてら得た能力、その言葉が一生ものの宝だなと思いました。
糧になる言葉がたくさんでした。
自分自身の能力の課題も見えた(集中力や体力)ので、書くためにやること、書く時に向き合うべきことが具体的になりました。
きっと今の段階で「わたった」気になってることもいっぱいで、これから向き合っていくと次の壁や課題もみえるのだろうけれど、たった1日で、こんなにいろんなことを感じたり気づけたことに本当に感激しました。
参加してよかった。
本当にありがとうございました。

リクエストとしては、数回に渡ってもっと掘ったり向き合ったりしたり、合宿(自由に書く時間を自分の暮らしの中に確保する!)はあったら参加したいなと思いました。

と、思いつくままに書きましたが、まずは思ったままを送ります。
ありがとうございました。


紹介 author-img 著者

小野美由紀(MiUKi_None)作家。1985年東京生まれ。

コメントなし

コメントを残す