4日間徹夜で踊り狂う岐阜の奇祭「郡上おどり」に行ってきたよ


gujoodori

えーと、すみません今回はいつものようにコラムじゃないんですけど、

岐阜県郡上八幡で行われる、町を挙げて徹夜で踊り狂うハードコアな祭り「郡上おどり」に行って来ました。

 

郡上おどりとは

 

日本で最も長い期間にわたって開催される祭り「郡上おどり」。

8月13日〜16日の4夜は名物「徹夜おどり」が4日間連続で行われます。「見るおどり」ではなく「踊るおどり」といわれ、10パターンある伝統の踊りを観光客も地元の人もみなが巨大な輪になって朝まで踊り続けます。

 

…と、岐阜に縁もゆかりもない私がよくわからんままに参加してきたのですが、

まーとにかく輪がデカい。

踊っている人だけで数千人?地方の夏祭りなんてレベルじゃありません。

延々と…延々と延々と!!!!!!踊り続けます。

赤ちゃんもおじいちゃんもおばあちゃんもオネェさんもコスプレの人も踊ってる

今まで私は日本のお祭りがそんなに好きじゃなかったんですが、それはえてして「見る」系だから。

見るだけってそんなに面白くないんですよね。ワンパターンだし。

浅草サンバカーニバルにも参加した事があるんですが、練習に数ヶ月かかるし、フラッと遊びに行くような、軽いノリで参加するのは難しい。

しかし、郡上おどりは観光客も地元の人も関係ありません。おどりも10パターンあって、多彩。スロー系からユーロビート系までいろいろあります。

そのぶん、覚えるの最初は大変なんですが、不思議と踊り続けているうちに身体にしみ込んで来て、覚えられるんですねー。

数千人の人が、ピッタリ同じ動きになったときの一体感ったらありません!

 

「徹夜おどり」は郡上地域にいくつかある町で同時に開催されているのですが、中心である郡上八幡町以外の地域の郡上おどりもかなり特色があります。

1日目に行った白鳥の郡上おどりはかなり特徴的。

郡上八幡のおどりが4ビートだとしたら白鳥は16ビート。

ハードすぎる踊りに、ぐるぐる回りながら完全にイッちゃってる顔をした人も見受けられました。

最後は完全にトランス状態。あれですね。脱法ハーブ要らずですね。

 

まー楽しい楽しい!

日本の地方の祭りでこんなにも盛り上がるのかって、新鮮な驚きでしたよ!

2日目は滝のような大雨で、すわ中止かと危ぶまれたんですが、もちろんおかまいなし。全員ずぶ濡れになりながらもめげずに踊る踊る。

私も人生で初めて、街中で水着になって踊りました。

 

とにかく……とにかく楽しいのでみなさんも来年はぜひ行ってみてください!一度行ったらハマる!!!!

というブログで初のなんのひねりもない「行って来たよ」系の記事書いてしまうくらいにはヤミツキになったので来年もまた行きます!!!!

 

郡上八幡 公式ホームページ

http://www.gujohachiman.com/kanko/index.html


投稿者:

miyuki.ono1228

小野美由紀(MiUKi_None)作家。1985年東京生まれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です