若者には欲がない?


IMG_2516

いやね、なんでこんなこと言い出したかっていうと、最近ものすごくよく言われるんです。50overのおじさまたちに。

「最近の若い人って欲が無いよね。車とか服とか欲しくないの?今、若い人って何が欲しいの?」って。

新聞社のおじさまとか出版社のおじさまとか、バブリーな時代を経験した人ね。

「まず“若い人”とかでくくんなよ」ってイラっとくるけどまあそれは置いといて、そういう人に私は良く答える。
「欲はあるんです。でも、それは上の世代の人たちとは違う欲なんです」って。
その違う欲ってなんだろう?って今改めて考えてんだけど。

今の若い人って、なんとなくだけど承認欲求は上の世代よりずっと強いと思うんだよね。自分も含めて。
起業する人とか、人とは違う生き方を求める人が多いっていうのもそのせいじゃないかと思うし。
心のどっかが満たされないから承認してほしいわけだよね。
まあ生きてる人全員心のどっかが満たされないものだとは思うけど、その満たされない度が全体的に高いよね。若い世代は。なんかそんな気がする。全員が全員そうじゃないけど。
モノを買うってことは、モノを持つ事で周りから認められるってことだよね。「あいつはおしゃれなやつだ」「あいつはリッチなやつだ」「あいつはイケてる」って。そういう承認欲求の満たし方が上の世代では普通だったわけだよね。
でも、今の「モノ」って大量生産で安くて良いものが手に入るし、手に入ったとしても似たようなもんばっかりだから、そこで承認欲求を満たすのって難しい。安いもの買って、満たして、また買って、っていう細かな「満たし」を延々と続けるしかない。お金もないし、飽きるよね。
だからSNSだったり、表現活動だったり、お金のかからない承認欲求の「満たし」に走るわけだよね。
ケーキの写真とか、ぶっちゃけみんな一緒じゃん。犬の写真撮る角度とかもだいたい一緒だし。犬種と大きさが違うだけでしょ。誕生日にあげる写真とか、ぶっちゃけ誰も変わらない。変わらないけどでもまあちょ〜〜っとずつは違うし、「いいね」はとりあえずつくわけで、そういうすっごい細かい差異につく「いいね」で承認欲求を満たしてく。

SNSとか、お金の発生しない表現活動ってなんとなくコンビニのスナック菓子的なところあるよね。なんとなく食べ続けちゃう。本当に美味しいのかはわからないけどなんとなく小腹が空いたらつまめる。それでなんとなく満たされる。でもすぐお腹がすく。また食べる。そうしてどんどん中毒になる。こういうブログも含めてね。

パーソナルトレーナーの先生が「今の子たちの身体はヤバい」って言ってて、「スナック菓子で空腹を満たす事になれちゃってるから、本当に美味しい物とか、栄養のあるものが分からなくなってるし、そういうものを求めなくなる。どんどん不健康になってるのに気づかない」って。

セーフティネットってそういう細かい承認欲求の満たしあいが相互にできてる状態だよね。今いきなり有事みたいなことにはならないから。そういう平和な状態のときのセーフティネットってそういうことだよね。ヤンキー社会とかもう究極のセーフティネットだし特定のグループの帰属意識って承認だよね。そこにいれば死ぬまで満たされるわけだから。
べつに「モノ」は欲しくないけど、承認欲求が満たされそうなことをするのが好きなのは今の人の特徴だよね。
仕事につかない若い人が多いとかひきこもりとかニートが増えているのも「仕事で承認欲求がなんとなく満たされなさそう」って思ってる人が増えてるからじゃないかと思うんだよね。それは思い込みなんだけど。結婚も出産も育児もしない人が増えるのは「なんとなくそれじゃ承認欲求が満たされなさそう」って思っちゃうからだと思うんだよね。
じゃ、若い人がなんでそこまで承認欲求にこだわるのか?それは、それが満たされてないからだよね。もともと。被災地で支援活動してる人が、以前「被災地で今一番辛いのは仕事がないこと。これまで仕事で承認を得てたおじいちゃんおばあちゃん世代が、仕事を失って、苦しくて鬱になって死んじゃう人もいるし、アルコール依存する人もいる」って言ってた。被災地と都心部って全然違うけど、なんかちょっとずつ心の中が被災地みたいなことになってんのが若い人たちなんじゃないかと思うんだよね。そこにあるべき、本来なら子どもの頃から自分の中に育っているべき承認がぽっかりない状態。いじめとか親からの虐待とかも子どもからしたら被災みたいなもんだよね。若者に限らずなんかちょっとずつ承認が満たされていない状態をいろんな人が抱えているのが今の日本で(じゃあ承認欲求がみんな満たされてる社会なんて過去にあったのか?って言われたらわかんないけど)でもお互いに「これはだめ」「あれはだめ」って叩き合ってるわけだし(電車内のベビーカーへの不寛容さとか、妊娠中の女性へのアタリの強さとかね)叩いてる人は叩いてる人で満たされてないから叩くんだろうけど。互いに互いの満たされてなさで叩き合ってる感じするんだけど、これって昔からなの?どうなの?今の時代しか知らないから分からないけど。50代くらいの人にこの話すると「承認欲求ってなに?」みたいなきょとんとした顔されるんだけど上の世代の人はそういう実感って感じた事ないのかな?どうなの?わからん。
「今の日本にはなんでもある。ただ、希望だけがない」って言ったのは村上龍だけど希望を抱くにもまず承認が必要なわけでそれがないのが今って感じするね。小さい承認のシステムはいっぱいあるけど、でかい承認のシステムに飢えてるよね。皆。
なんか上半期の話題とか見てると小保方さんもポイズン群馬の人もゆうちゃんもみんな承認欲求ゆえの事件みたいな感じするし(サムちゃんとののちゃんは知らん)物欲よりもなによりも承認欲求が一番先の重要課題になってる人が多いのが今の若い世代、っていうかひいては日本全体な気がするけどどうなんだろ。なんか超ありきたりの結論しか出せないんだけど改めて「今の若者は何が欲しいの?」って言われたらこうなのかなって思ったけどどうなの?電通の人とかどう分析してんのかな?
ここまでダラダラ書いてても、これが合ってるかどうか分かんないんだよねー。他の人はどう思ってんだろ。
みんな「若い人って欲がないよね!何がほしいの?」って聞かれたらなんて答えてんの?
あーそれにしてもover50くらいの人に「若い人って物欲ないよね」ってヘラっと言われるとなんかムカつくのはなんでだろ〜?私サーフボードとかめっちゃ欲しいんすけど。


“若者には欲がない?” への3件の返信

  1. ボディボード、欲、ありますやん!
    失礼しました。。。

    吉岡と言います。
    美容室を経営しています。
    僕は36ですが、もしかしたら人によっては若い世代の子にそのおじさんと同じことを言ってしまうかもです。
    なんでしょうね。。
    でもイラっとして正解です。
    僕も上の人には何かしらイラっとしてきました。
    多分そのおじさんも若い時は同じこと言われたか、言われてないにせよ、上の世代にはイラっとしたと思います。
    ただ僕が思うに、“世代”というのでは無く、“経験してきた者の発言”だと思います。
    それが調子良く聞こえるのは発言した人次第で、また受けとる人次第、そのおじさんじゃなく、めちゃくちゃ尊敬している方ならばまた違うんじゃないかな。。
    その吸収量も速度も。。
    話のくだりから途中はわけわかりませんが、、“若い世代”って括りだけで言われりのは単純にわかりやすく、他に表現の手段が無いだけなんで、気にすることなくて良いと思いますよ。
    承認欲求、これはわかる気がしますが、時代というか、SNSの普及、Facebookやimstagramがあるからそうなっているだけ。
    そりゃおじさんもやってたりすれば少なからず承認欲求も出てくるものだと思うし。
    おじさんだってたくさんの人たちに認められたいと思う。。
    っていうか、誰だってモテたいやん??
    ただ、オシャレ、お金持ちと認められたいから高い物を買っているのか?というとそうでもないと思いますよ。
    その裏には時代の背景があって、スポーツカーブームを目で見て、体現してきた方たちはやはりそれは当時の若者の夢だったわけで。。
    頑張った結果にすぎないというか、それを目標に頑張ってきた結果みたいなもの、、そんなとこだと思います。
    僕は24歳のころから美容以外のお仕事も始めました。
    そして50代の方からすれば今僕もまだまだ若者ですが、買ってきたものも少ないと言えず多いほう、6年前には20代の頃の積み重ねで自分のお店も持ちました。
    そしてまだまだ欲しいものたくさんあります。
    でもたぶんそのおじさんの言い方だけでいうと確かにイラっとしますが、見てきたものや経験してきたことは、僕よりもはるか大きいし多い。少なからず、いやむしろ先輩がいなければこうもならない。。
    もしかしたら50代の方からすれば、、若い世代から言われることでイラっとすることもそこそこ同じくらいあるんじゃないかな。
    もしかしたら今の若い世代のイジメが陰湿だと言うなら上の世代のイジメ晴れ晴れしいのではないかな。。って、イジメの話はちょっとズレたかもですが。
    なんだろ、平和すぎるんじゃないかな、あと、便利。
    まぁインターネットで読む、聞く、見る、というような情報は多すぎますよね。
    昔はそれら全て出歩いたり買ったりしなきゃいけなかったわけだしね。
    長々書きましたが、こういう話を読むのが好きだしちょっと興味深いんでコメント書いてしまいました。何かもっと話できたらなと思いますが。。
    でしゃばり出てすんません。。

  2. 50代のおじさまに「欲ないよね」と言われてムカ付く理由

    おじさまの欲>若者の欲 という図式が予め出来上がっている。
    しかし欲の種類や多様性は、 おじさまの欲<若者の欲 であることがわかっていない。

    また、おじさまの欲は、他者へのアドバンテージとなるもの。
    それ以外の欲は、欲ではないか、意味のないものという価値観ベース。

    物質以外の欲求を持ったことがない普通のおじさまには、若者の承認欲求
    などというものは無い。シンパシーなんてものを感じたこともない世代。

    おじさまにとっての他者とは、好奇心の対象ではなく、ましてや共感しあう
    者でもなく、女であれば自分のコントロール及ぶもの。男であれば競争によって
    勝つべき相手。 

    話通じないのは当たり前

  3. 50才になったおば様です。
    50才になってもなんか道に迷ってるし、むしろ場所がなくて、困ってます。
    若い子、と言える人たちの集いにも合わないし、たぶん年齢言ったら引かれるでしょう。
    同世代の人の様になにかも確立してない・・・
    こんな人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です