に投稿 コメントを残す

キャバクラのスカウトと、ラポールを築くこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

フランス文学ゼミの同期に、現在キャバクラのスカウトマンをしている友人がいる。
もともとはカウンセリングの勉強をしていて、六本木の高級カウンセリングルームで働いていたが、昨年、一転してスカウトマンになった。
彼は一日に街頭で100人もの女性に声をかける傍ら、
ナンパにいそしみ、Twitter上でナンパの実況中継をしていたりもする。
(彼の、ナンパした相手に対するつぶやきはかなり毒が強い。私は好きだが。)
今は、催眠術の勉強をしているそうだ。
彼の風貌は、通常私たちが抱くキャバクラのスカウトマンというイメージからはおよそかけ離れている。
「すれた」感じが全くない。
育ちのよさと学歴の高さが周囲の空気に漂い、インテリジェンスが漏れ伝わる人間だ。
実際、彼のスカウトには哲学がある。
「田舎から出てきたばかりの女の子をだますような真似は、自分は絶対にしない。
“働いてみたいけど、スカウトされて、なんてイヤだな”と思っている人に対して、このスカウトマンにだったら、お店を紹介してもらってもいいかもと思ってもらうことを目標にしている。」
彼は、これまで学んだ心理学のあらゆる技術を駆使してスカウトとナンパをする。
カウンセリングとナンパとスカウト。
その全てに共通する、最大の技術は
「相手とラポール(信頼関係のある対話)を築くこと」
だそうだ。
「ただ考える事は、“相手が何を求めているのか”、“今どうしたいのか”、それだけだ。
声のトーン、早さ、表情からそれを読み、それをしてあげること。
一瞬で見知らぬ相手とラポールを築くこと。
その精度を上げる事、それだけを考えて日々行動している。」
そのために、彼はスカウトの前に瞑想をする。
人と話したり、音楽を聞いたりして、相手と対峙するのに最高のコンディションにまで自分を高める。
服装に気を使う。非常に高価な、変わったデザインのブルゾンを着て、高貴な雰囲気を身にまとう。不思議な形の指輪をはめ、会話をしながら相手の目の前でちらつかせることで、注意力を散漫させる。
相手の心を読む力を鍛えるため、カフェで、となりの席のカップルの会話に耳を傾け、心の中で相手の声のトーンを追う。カップルの男のほうが、どうしたら女により好かれるか、微に入り細に入り分析する。
その修業を、彼は日々、続けている。
相手の中にとにかく深く分け入り、潜ってゆく。相手の心を知るために。
コミュニケーションを考えるとき、
私たちは
「伝える」
ことばかりに夢中になる。
けれど、本当は
「伝わる」
こと—
“伝達される相手”としてのじぶんの感度を高め、
相手の感性を引き受ける受信体に“なる”こと—
のほうが本質なのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です