IMG_2686

12月2日

 

恋人(とおぼしき男)が就職活動を始めるというのでスーツを買うのに付き合った。
青木とか青山とか、そのような名前の店に入ってゆくので、そのまま付いてゆく。

このような衣料品店に入るのは、人生で初めてである。

 

店員さんの言われるがままに、蛍光灯の下でペラペラのスーツを着ている恋人はなんだか作り物みたいで、塩化ビニルの光沢で皮膚がてかてかするフィギュアのようだった。

この前までは汚い格好をして、ドロドロになりながら表現活動に励んでいたのに。

セットで39800円のスーツを、彼は一着買った。

てろてろの、布地がクリアファイルみたいなやつ。へんなおっさんみたいなかばん。

そのあと喫茶店で、800円の紅茶をすすりながら、

「みんな50社くらい受けるっていうから、リクナビとか一応見てるんだけど、興味あるところはそんなに無いんだよね」

とか

「OB訪問とか、したほうがいいのかな?」とか、彼がうわついた感じで

話すのを聞いていた。

「みゆきちゃん、おれのES見てよ」と言われたので、

(絶対、見ない)と思った。
彼を、遠くに感じた。

 

今、本の企画を編集者さんと考えているけど、何を書いたらいいのかわからなくてずっと考えている。

何を書いたらウケるのか、何を書いたら面白がってもらえるのか。
わからなくて気が狂いそうになる。

そうまでして人に求められたいのか。
自分がときどきすごく、あほに感じる。

 

自分で自分の顔を見ていない時の自分は、きっと、物欲しそうな顔をしているはずだ。
就職活動の時と一緒だな、と思った。
何をやったら、どんな風にすれば人から求められるか、そればかり考えていて、結局一社も受からなかった。

求められることを求めると、結局誰からも求められない。

でも、誰からも求められないのは、怖いことだから、みな求められるために努力する。

 

言葉では嘘をつくことはできるけど、人は、嘘をつけない。

多くの他人から求められたい、好かれたいという、もの欲しさが、その人をコーティングして、その人の魅力は、半減する。

塩化ビニルのスーツのように、その人の皮膚呼吸を止めてしまう。

 

求められないことは、本当は怖くない。

求められようとして、すかすかになって、知らないうちによだれを垂らす心のほうが、本当はいちばん怖い。

 


紹介 author-img 著者

小野美由紀(MiUKi_None)作家。1985年東京生まれ。

コメントなし

コメントを残す