二村ヒトシさんのAVの撮影現場に行ってきた


 

フィリップ・トルシエ監督の「工場の機械のような日本のセックス」というインタビューをウェブで読んで、ついつい今月号の「オール讀物」を買ってしまった。

 

 

スクリーンショット 2013-10-08 21.40.19

って表紙!!

桜井紫乃さんの新作小説も佐藤優のコラムもとってもよかったのに、なぜこのイラスト…。

じじいの目つきが卑猥にしか見えません。

狙ってか知らずかこのハズシ感、さすが老舗文芸誌…やり手だわ!!

 

 

それはさておき、

先週末、AV監督の二村ヒトシさんに誘われて、AV撮影現場を見学しにいった。

 

二村さんといえば、女性が攻めて、男性が受け身の、男女逆転モノのAVレーベル「マザーズ」。

私がお邪魔した現場は、

「射精伝導師」の朝宮先生(女性です)が、男優さんの性器にいっさい触れずに、オーガズムまで導く、というもの。

 

響きからもなんとなく実験的な匂いを感じるし、以前この記事で触れた、その後上手く行ってないアナル開発に関しても、何かヒントが得られるかなと思い参加してみたのだ。

 

マザーズのスタジオである、デザイナーズマンションの一室のフロアの中央に、まるで儀式の台座のように、青いシーツのベッドが陣取っている。

この日は私以外にも、8人の素人女性たちが観覧しにきていた。

仮面をつけて、ベッドの後ろに並べられた観覧席に、控えめに座る。これから何が起こるのかわからない。

 

男優さんが目隠しをつけてベッドに横たわり、撮影が始まった。

 

のっけから、朝宮先生が男優さんの耳元でなにかを囁き始める。

何を言っているのかは分からないけど、男優さんの緊張がずるずるとほどけて、どんどん身体の力が抜けてゆくのが分かる。

最初なのに、二人の間に壁が感じられない。

聞けば、撮影の前に、二人でお風呂に入って、先生がタオルで身体を拭いてあげたりとかしてたらしい。

朝宮先生は代々木忠さんの門下生らしいけど、代々木さんみたいに、催眠を使ったりはしていない。

 

そのまま、どんどん、耳や首筋、腰、背中のあたりをゆっくり触ってゆく。

浅瀬の波みたいな、やわらかい、ゆったりとしたタッチ。

 

どんどん男優さんが自我を捨ててゆくのが分かる。

そこから先は客観も主観もない世界。

愛撫が進むうちに、壇上の二人がどんどん性別を無くして、一体化してゆく。どちらが攻める立場だとか、関係ない。

 

空気はどろどろと重たく、濃密なローションの海のようで、二人の周りを満たす空間はまるで二人の身体をつなぐためだけに存在し、

傍観している観客たちは完全にアウェイ、むしろこの濃厚な海の中に一体化したい、朝宮先生と男優さんが生み出す磁場に混ぜてほしい、

ちょうど神輿を担いでる人たちを追いかけて行って自分も祭りに参加したくなるあの感じ、クラブで踊ってる人たちの輪に混ざりたいあの感じ、

いやらしいことが行われているはずなのに、いやらしさはまるでなく、いやいやらしくはあるのだけど、服も社会的な肩書きもなにもかもを取り払って人が人に作用する、その暴力性と神聖さ、仕草と行為と男優さんに語りかけるその声から溢れ出ているのは間違いなくやさしさであって、けれど、愛撫と言葉なぶりでもって問答無用で自分の世界にさらってゆく、その気迫と激しさを見ていると、朝宮さんから男優さんに向かうものを、愛だとかってそんな簡単な名前ではとても言い表せない。

母性というのはやさしさと愛にクレープ状につつまれた実は凶暴さなのではないか、と思ってしまうような、あらあらしい導き、人が人を支配するまるごしのエゴイスティックさ、ぜんぶあいまって押し寄せて撮影会場はもうまるでおおしけの海のようで、青くけばけばしい布がかぶせられた小さなベッドはまるで神殿のように神々しい。

もはや男優さんと観客である私の間に壁はなく、あーあーあーそれされたらきっついわぁ、あーそれあかんやろなうんうん、というかんじで完全に感情移入。この男優さんになりたい、最終的にはイカされたい、自分が女としていじられたいというわけではなく今ここで朝宮さんに甘えきってる男優さんに成り代わって人に託して託されて、存在自体を許してもらいたいみたいな、そこにはもう、男とか女とか、性差はなくて、えろいことを越えたところ、ちょっと成層圏つきやぶっちゃったあたりで、ベッドの上の彼と私の感覚がつながっちゃった感じで、観客の女性たちも、最初は若干引き気味ではあったけれど、最後は身を乗り出し、ベッドの上の儀式、を見つめ、まるで上質な舞台を見ている時のような、この前世田谷パブリックシアターでサイモンマクバーニーの「春琴」を見たけど、その時と同じ、舞台と観客が一体化して、舞台の上の俳優さんに身体も心も吸い込まれるような、そんな感じで、観客も男優さんも朝宮さんも、ひとつの小さなやわらかい繭の中にいて、感覚を共有しているようだった。

朝宮さんという、手の、声の、舌、の。

 

最後、男優さんが射精してクライマックス(挿入などはいっさいしない)を迎えた瞬間、みんな、拍手喝采。

「おめでとう!」「おめでとう!」って、まるでエヴァの最終回みたい。

バックに地球が見えた。

 

もうすんごい、朝宮さんに後光がさしていて、

男優さんの顔にもつるっと膜がはり、湯気が出そうなぐらいにてらてらと輝き、

 

これ、何かに似てると思ったら…

「動物の出産シーン」だわ!

 

お母さんと子供の、渾然一体となった命のエネルギーの神々しさ。

 

ディスカバリーチャンネルで放映されてもおかしくない感じ。

 

「太陽のしっぽ」っていうプレステのゲーム思い出した。

 

また、撮影中、男優さんはまったく性器に触られていないのにがんがんに感じまくっていて、びんびんに勃起してはいるものの、100%受け身の男のそれは性器というよりただの排出器官にすぎず、ただ最後に精子を押し出すだけのところてん突きの管みたいなもん。

性行為についてこれまで主役張ってきたはずのペニスが、よもや、おまけ、っつうかなんつうか、もはや男が感じるのにももうペニスいらないじゃん、的なムードで、とにかく、ここまでペニスが頼りなく見えたのは人生の中で初めてだった。

石原慎太郎が自著の中で「初めてお父様のシンボルを見たときの感想を母と娘で話し合いましょう」みたいなことを書いているらしいのだが、石原慎太郎もよもやペニスの感想に「ところてんの棒」とか「頼りないパスタ」とかは予期してないであろう。

 

監督も「おれ、撮影前に、朝宮さんに同じプレイをしてもらったけど、女性に対して、性行為のときに、構えたりモテようとしなかったのって、人生で初めてかもしれない」と言っていた。男はとにかく、風俗でお金払ってしてもらってる時ですら、モテようとしてるからね、って言ってた。

 

で、最初から最後まで、男優さんが朝宮先生にされてるのを見ていて思ったのは、

「あぁなんだ、人にされたいことって、男も女も関係ないんじゃん」ということ。

朝宮先生が男優さんにしていたことって、実は女子が男子にされたいことと一緒だし、

じゃあ、自分がされたいことを男性にしてあげたらいいんじゃん、で男性は逆に、このビデオ見て(他の男→女もののビデオではなく)女性がされたいことを学べば良いのである。

別に、代々木さんのビデオ見てても「これされたい!」とは思わなかったけど、朝宮さんのは、女性をベースに作られてるぶん、

女性がされたいこと、分かるような気がするな。

上手い男優さんをまねして上手くなるかって言ったらそうじゃないしね。

俺セックス上手いって言ってる男の人ってだいたいの場合、ずれてるもん。

あと、アナル開発が上手く行かなかった理由も分かった。

男のオーガズムってなんとなく一極集中的なイメージで、そこだけ責めてればいいような気がしてたけど、それって全然違うわ。

局所的な快楽だけを追求するってそれこそペニス的な発想だし、女の私が男の発想、してどうすんのー?って感じ。

局部の前にまず全身。受け身の快楽については、男性も女性も変わらないってこと。

それを忘れてたら、ただのヤリチンになっちゃうもんね女も。

次やる時はそこんとこ考えてしてみようと思ったよ。

 

まとまりのない感想ですが、とにかく、見に行ってよかった。

 

あと監督が飲みの場でのやんちゃな感じではなく、きりっと現場を仕切っていたのがとてもかっこよかったです。

 

監督ありがとうございました。

 


投稿者:

miyuki.ono1228

小野美由紀(MiUKi_None)作家。1985年東京生まれ。

「二村ヒトシさんのAVの撮影現場に行ってきた」への1件のフィードバック

  1. 小野美由紀 さま
     ムーチョグースト塚本正と申します(大阪府堺市在住)
    何時も赤裸々で楽しいブログ有難うございます。今回がムイビエン!!。
     スペイン巡礼は日経新聞の夕刊2007年7月より15週連載で知りました。
     歩くのが大好きで、ピレーネを徒歩で越える事に衝撃を受けました。
    スペイン語はNHKラジオの、まいにちスペイン語を6年前から聞いております。美由紀さんの巡礼の旅をススメル7つの理由の中の12時間しゃべっている事に響きました。来春頃行きたいです。
    参考文献 サンティアゴ巡礼の道  安田知子
        ブエン・カミーノ杖の音  山下絢子
        気づきの旅 スペイン巡礼の道 小田島彩子
        星の旅人 スペイン「奥の細道」 黛まどか
        カミーノ!女ひとりスペイン巡礼、900キロ徒歩の旅 森 和子
        星降るカミーノ 魂の旅路  神渡 良平
         

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です