スクリーンショット 2013-07-22 12.22.06
携帯の電波も届かない、バスも走っていない福島の山奥の村で、見ず知らずの人の家に3日間泊めてもらって書いた体当たり記事がダイヤモンド・オンラインに掲載されました。

これまで何度か原発絵本プロジェクトの取材のために足を運んでいた福島。

5月初旬に参加した「福島ジャーナリスト・キャンプ」で初めて報道取材のための滞在を行い、朝日新聞「プロメテウスの罠」を執筆する特別報道部の依光さんの指導のもと、いわき市の北端にある過疎地域「志田名・荻」地区を訪ね、取材しました。

その後、個人的に追加取材を行い、現地の農家に3日間滞在して聞き込みを行いました。

こういうジャーナリスティックな手法での取材は初めてでしたが、良い学びになりました。

ネットでなんでも拾える今、自分で現場に行って時間をかけて、オンラインに無いものを拾うのって大事だなぁ、と。

そこから分かることって大きいなと思います。

 

ブログにしろ何にしろ、これまで体当たり精神と脱ぎっぷりを大事に書いてきた私ですが、

今後も自分自身が体験することを大切にして(ものを書くのはパソコンの前じゃない!リアルワールドや!)記事を書いてゆきたいです。

 

震災から2年、生まれた「除染格差」 巨大行政区域・いわき市に切り捨てられた人々

「となりん村は田植え再開してんのに、なぜうちんとこは……」放射能被害が比較的軽く、早くから安全宣言を出していたいわき市。だが、震災から2年たった今も深刻な放射能被害に苦しむ地域がある。福島第一原発から約28キロにある、川前町の志田名地区と荻地区だ。「市に切り捨てられた」と住民自らが語る集落、志田名が苦しむ、近隣地区との「格差」とは――。(取材・文・写真/小野美由紀〈おの・みゆき〉)


紹介 author-img 著者

小野美由紀(MiUKi_None)作家。1985年東京生まれ。