「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話


2012年は、自分の中にあるさみしさを見つめた年だった。

 

さみしさを一番に感じたのは、國學院大學での「ナンパの手帖」講義の前に、渋谷でナンパをした時だ。

 

性とナンパについて國學院大學で考えた

國學院大学でのナンパの講義/鏡に映る自分

 

國學院大學の大教室で500人の前でナンパについて喋る前前日の夜に、渋谷のスクランブル交差点でナンパをした。

 

神経質そうな男の人にはガンシカもされたけれど、10分くらい並行して粘って、最終的には仲良くなって、番号を教えてもらった。

気の弱そうなオタクの男の人には、優しく女性的に話しかけて、番号を交換した。

そうして何人かに声をかけて、慣れてきた頃、たまたま通りかかった友人の高石くんに「小野さんのナンパはぬるい。 他人への欲求をむき出しにしていない。“相手なんかもう誰でもいい”と思って初めて、自分の中の他人への欲求が出てくるんだ」と放言された。

最初は意味がわからなかった。分からなくて腹がたった。

ナンパって気に入った相手の懐に忍び込んで番号を教えてもらう行為じゃないのか。誰でもいいってなんだよ。そんなこと言っておいて、自分はすごいブスには声かけないくせに。

そう思って、腹を立てながら、渋谷のスクランブル交差点を見ていたら、ふいに、ここにいる無数の人間たち全員が、パチンコの玉のように見えてきた。

センター街の入り口から、じゃらじゃらじゃらじゃら、ひっきりなしにはじき出されては、下半分がぶっ壊れたパチンコ台みたいに、スクランブル交差点へと溢れ出てゆく、無数の銀色の玉。

だれでもいいから、この玉の一つに、自分の腹立たしさをねじこんでやりたい。自分のめちゃくちゃなりたい欲求とともに、相手をめちゃくちゃにしてやりたい欲求をねじこんでやりたい。

そう思って、そのへんのディスクユニオンの袋を持ったおっさんをナンパした。

「門限があるので…」と言いながら、歩みを止めないおっさん。でも目は嬉しそうだ。そのおっさんの嬉しそうな様子を掴みながら「私みたいな、貴方から見たら若い年齢の女の人が、あなたとセックスしたいと言ってるんですよ。それに対してどう思ってるんですか?」と聞くと、セックスという単語に反応したのか顔をこわばらせて「もうこの歳になるとそんな欲求はなくなりました…」と言う。「でも貴方の顔には「嘘です」って書いてありますよ」と言うと「えっ!?」とうろたえる。「嘘ですよね?どうなんですかね?」と言い続けるとおっさんは終始まごまごしながら、でも嬉しそうな顔をしながら、それでも最後まで否定しながら渋谷駅に吸い込まれていった。

なんだか無性にむかついた。むかつきながら、無性にさみしくなった。

さみしさが、駅の方から大波になって襲ってきた。街全体が、私に報復するように、巨大なさみしさを生成して、頭上から覆いかぶさってきた。

おっさんは家に帰りながら何を思うんだろう。変な女に会っちゃったなと思って忘れるんだろうか。それとも、思い返して自分の中の若い女性像を見ながら欲情するんだろうか。いやきっと、この出来事は、おっさんの中では、きっと、ただの出来事として流れていってしまう。高石くんが、以前、ツイッターで男を馬鹿にするようなつぶやきをする女性に対して、「こんな女、以前ならナンパして、中出しして適当にそのへんに捨てていた」と発言していたけれど、そんなふうにもっと、他人にもっと、自分の欲望を突き刺せたらいいのに。そう思いながら今度は高石くんのナンパを見た。

 

高石くんのナンパは気狂いだ。ナンパしている時の彼は、彼自身の女性嫌悪と女性恐怖が、頭の上からわぁぁーっと空に向かって揮発している。自分のおかしさと悲しさを分かっていて、それでもそれを他人にぶつけずにはいられないブレーキの壊れ方。

 

他人に自分の欲望を突き刺せないのは苦しい。

それが「さみしさ」と呼ばれるものであることに、なんで私は、今まで気付いていなかったんだろう?

 

ナンパは気が狂った行為だ。ナンパをやったことがないのに「ナンパ師の気持ちが分かる」とか言っている奴は欺瞞だ。

自分の臆病さを、他人への病的な執着にすげ替えて投影しているだけだ。

ナンパの本質はそんなもんじゃない。ナンパは、他人に自分のコントロール欲求を突き刺す行為だ。

 

さみしい人はみな、他人へのコントロール欲求を持っている。

でも、多くの人はそれに蓋をする。自分は真人間ですというふりをする。

ふりをして蓋をして、まともになったような顔をして、その内側ではさみしさがふくれあがった巨大なメンヘラができあがる。あるいはそのさみしさを、若者への説教やおせっかいやウンチクにすげ替えて、酒場やツイッターやFacebookでの説教おじさんになって、満たされなさをやり過ごしている。

 

真人間になりたいなんてのにろくなやつはいない。

まともな人間になりたいと思っているやつが、まともになれるはずがない。

なんでそのことに気づかないんだろう。

気づかなかったんだろう。私は。

 

欲しい。欲しい。何かが欲しい。

“私なんかが” でも、本当は欲しく欲しくてたまらない。

 

さみしい。さみしい。さみしくてしかたがない。

一人で生きられるようになりたいはずなのに、時折、コントロールの壊れたUFOキャッチャーのように、他人を鷲掴みにしたくてたまらなくなる。

 

その正体は、一体なんなのだろう。

 

 

人はさみしい。

さみしさで狂ってしまう人もいるくらい、さみしさから逃れられない。

 

そうしてたまに、「さみしくない人なんていない」という事実を忘れて、誰かを好きになる。

そしてそれが幻想だったと突きつけられて、また自分の陣地に戻ってくる。

さみしさの中に、戻ってくる。

 

街は巨大なパチンコ台だ。さみしい玉の集合体だ。

チンチンジャラジャラ吐き出されて、自分の入るべき穴も見つからず、他人に弾かれてさまよっている玉。帰結しない欲望を抱えて、ただその残滓を軌道に残したまま、なにも持っていないような顔をしてまたどこかに吸い込まれてゆく。

 

 

自分がさみしさでできた、街に散らばる玉の一つであること。

ナンパを通して知ったその事実にうちのめされて、12月12日の夜、私は渋谷の街にしゃがみこんでしまった。

 

けれどもまた、さみしさは威力でもある。

 

さみしさには人が寄ってくる。力が寄ってくる。

それは悪いことでもあるし、何かを生み出す力にもなる。

夏目漱石が「こころ」を書いたように、さみしさは何かを生む海のようなものだ。

自分の中にあるさみしさの海に溺れずに、その中から何かを生み出せた時、人は社会的な動物になる。

 

この一年でお会いした、社会的に威力のある人は、どこか皆、さみしい感じがした。宮台真司さんもそうだし、写真を撮ってもらった写真家の方、友人、面白い作品を描いている漫画家。カウンセラー、作家。

 

大物になりたい小物みたいな人は、どこか抑圧された感じが漂っている。あるいは自分のさみしさへの徹底した排除、無関心。そうした態度が、その人を、ずるく見せている。

私が好きな人たちは、どこか、底なしのさみしさを持っている。さみしさと戦うし、けれどそれを決して投げ出さず、握りしめて心のどこかに固く結びつけている人。

 

さみしさから、人は自分を変えたり、他人との関係を変えたりすることができる。恋愛も家族も、友人関係も、仕事も、さみしさをどうにかしたいと願うことから、変化が起きる。そうして何かを得たり、失ったりしながら、人は自分の望む形を得てゆく。

 

2012年は、自分の中にあるさみしさという威力に気づいた年でもあった。

自分の中にある、さみしさをもっともっと、奥のほうまで、舐めとって、精査してゆきたい。そして来年以降は、それに溺れることなく、どうにか人の役に立てるよう、使い道を考えたい。

 


紹介 author-img 著者

小野美由紀(MiUKi_None)作家。1985年東京生まれ。

コメント (38)

  • 返信

    2012年12月31日

    自分がさみしさでできた、街に散らばる一つの玉であること。ナンパを通して知ったその事実にうちのめされて、12月12日の夜、私は渋谷の街にしゃがみこんでいた。/「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/ljztpPOG

  • 返信

    2013年1月1日

    「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/OmUpvhxS @MiUKi_Noneさんから

  • 返信

    2013年1月1日

    さみしい。 うまく折り合いをつける事ができるとイイね(^^♪

    どーしようもないゲンジツにぶつかって、それを見ないようにするんではなくてまずは認めてみる。 

    そうするとそのヒトに合った道が出てきます。

    至極当たり前の、自然に人との関わりあい方みたいなものが。

    ヒトは等価交換が当たり前で自分も相手も欲求を等しく思いっきりぶつけるべきだと思う。

    そうした先にあるモノがどーいう事なのかは個人において違うかもしれないけれど、そうする事で初めて「ヒトに甘えてもイイんだ」っていう虚勢を張らない素直な自分になれるように思います。

    ランチの時にでもおしゃべりしましょう( ^ω^)

  • 返信

    2013年1月1日

    みんな、さみしいことを認めれば良いと思う。RT @MiUKi_None: 【ブログ】「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/iWC9eJyG

  • 返信

    2013年1月1日

    すごい良い記事  QT @MiUKi_None: 【ブログ】「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/6wrU1TwH

  • 返信

    2013年1月1日

    「この一年でお会いした、社会的に威力のある人は、どこか皆、さみしい感じがした。/大物になりたい小物みたいな人は、どこか抑圧された感じが漂っている。あるいは自分のさみしさへの徹底した排除、無関心。そうした態度が、その人を、ずるく見せている」 http://t.co/fJfhRoxz

  • 返信

    2013年1月1日

    等価交換が当たり前…甘えてもいい。 RT @MiUKi_None: ブログhttp://t.co/NKTrBHK3に、太賀麻郎さんからコメントいただいた!うれしす> 「…ヒトは等価交換が当たり前で自分も相手も欲求を等しく思いっきりぶつけるべきだと思う。そうする事で初めて「ヒトに

  • 返信

    2013年1月1日

    (私はただのUSTの1リスナだけど)あらためて小野さんってすごいなぁって思った文章。さみしさについてこっからの引用をツイッタで目にしたりして色々考えてたのだけど、たった今ちゃんと読み通してみると、唸るというか息苦しくまでさせられた。http://t.co/hJDAjffV

  • 返信

    2013年1月1日

    「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/M74ASvRy @MiUKi_Noneさんから

  • 返信

    2013年1月2日

    小野さんのこのブログめちゃめちゃいいやん!!!「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/7uuJp399

  • 返信

    2013年1月2日

    私立の全寮制の中学にいた時か。さみしい時にさみしいと言えるようになった14歳。苦しかったけど自分の気持ちに気づいてからいろいろ開けていったのを思い出した。http://t.co/nLaTrNXI

  • 返信

    2013年1月2日

    めちゃめちゃ力強い文章。/「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/l50FyOst @MiUKi_Noneさんから

  • 返信

    2013年1月2日

    “「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None.” http://t.co/mHIBrFE4

  • 返信

    2013年1月2日

    こういうのは宗教にハマればすべて解決する問題だと思う。それはともかく文学的で良い文章だ。 >「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 http://t.co/8YFtA0y9

  • 返信

    2013年1月2日

    “「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None.” http://t.co/0iDMfJAX

  • 返信

    2013年1月2日

    「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/rwG59Pr8

  • 返信

    2013年1月2日

    「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/dYprapfy @MiUKi_Noneさんから

  • 返信

    2013年1月2日

    メモ。 / “「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None.” http://t.co/uLgG2gQP

  • 返信

    2013年1月2日

    「大物になりたい小物みたいな人は、どこか抑圧された感じが漂っている。あるいは自分のさみしさへの徹底した排除、無関心。そうした態度が、その人を、ずるく見せている。」http://t.co/SQE2rDHg すごいな。

  • 返信

    2013年1月2日

    さみしさの威力を知った
    誰かに会おうとして自分ってものを見ないようにしてた

    ってきがする。

    http://t.co/ktGuurAx

  • 返信

    2013年1月3日

    久々に震えた記事/「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/m2FLs5gJ @MiUKi_Noneさんから

  • 返信

    2013年1月4日

    さみしいがゲシュタルト崩壊した。さみしいってなんなんでしょうね。 / “「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None.” http://t.co/S0i5IEis

  • 返信

    2013年1月4日

    孤独感や虚無感が漂うことがよくある。それを味わって、噛みしめて、次のステップに進んでいきたい。|「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/j40tG1BU

  • 返信

    2013年1月4日

    こんなインタビューが…。誰が作ったのか分からないけど、面白い。“@Happycat38: 「さみしい」ってなんですか?2012年の冬に渋谷で逆ナンした話http://t.co/T9TKC44eを読んで、感想を聞かせてください」に答えましたhttp://t.co/8chVMPoG

  • 返信

    2013年1月5日

    これを読んで、かつてある人から「初めて会った時からどこかさみしさを感じる人だな、と思ってました」と言われたことを思い出した。http://t.co/06ud29MX

  • 返信

    2013年1月5日

    小野さんの文章を今更読んだ。以前お話したときも似たような結論に近づいていた気がするけど、この話に限らず自分の感情に自覚的になるのは大事だよなと。/「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/DZUDybcF

  • 返信

    2013年1月5日

    場所が場所だし、ぁゃc宗教とかキャッチかもって思われた率が高かったんじゃないかと。→「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/fGwlx60g @MiUKi_Noneさんから

  • 返信

    2013年1月6日

    でも友達になってもらうって結構これに近いような。お前じゃ相手にならんと言われるかも…を覚悟で接していくw QT @masanork: 自傷行為っぽく痛々しい / “「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 ” http://t.co/Bg3IUrbL

  • 返信

    2013年1月6日

    これは、単に他者とのテンションが合致しなかっただけ。
    寂しさは自己の中にあり、自分を愛せないかぎり、埋まることのない溝。
     
    (自分自身も含め) 人間は物事を難しく考えがちだ。そして、もがいているうちに自身の首を絞めている。
     
    一旦、もがくのを止めて、冷静になれば、そこは「浅瀬」であることに気付ける。
    そして、自分の頭が作り出した「溺れる状況」に気付く。
     
    溺れるのは、状況ではなく、頭の中の幻想だ。
     
     
    余裕(暇な時間)が人間を豊かにしているが、追い込まれる人もいる。
    目を向けるべきモノを見つけられるか、夢中になれるものがあれば景色は変わる。
     

  • 返信

    2013年1月6日

    本日のチェコニコフェス。私が『さみしさ』について、石野チエミとトークショーを行います。さみしがりやさん全員集合!! 「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/93pByhQX via @MiUKi_None

  • 返信

    2013年1月6日

    人の本質に迫る話。人の持つ信念みたいなものが、他人に理解されるかされないかが大きな鍵かも。人に理解されることばかりに躍起になると寂しさに捕らわれるように思う│「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/APQPJeOY

  • 返信

    2013年1月8日

    最近、感動したブログ記事。個人的には、”さみしい”って、ずっと自分の中にあって、ふと思い出しては、ふと忘れるもの、かな。 / 「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/UdnVUkDU @MiUKi_Noneさんから

  • 返信

    2013年1月8日

    「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 http://t.co/oN6syG4P

    この記事(@MiUKi_None さん)は @_heathworld_ さんの言うような「ナンパの非日常性からついにニヒリスティックな認識に至った」という話では、ない。

  • 返信

    2013年1月8日

    人間って孤独だけど孤独じゃないけど孤独だけど孤独じゃないけど孤独だけど…。だから寂しさがこみ上げたり、そんなもの感じなかったりする。人が孤独なのかそうでないのかは、鶏が先か卵が先かの議論に似ている気がする。/「さみしい」ってなんですか
    http://t.co/w2YsjuO4

  • 返信

    2013年1月9日

    “他人に自分の欲望を突き刺せないのは苦しい。それが「さみしさ」と呼ばれるものであることに、なんで私は、今まで気付いていなかったんだろう?” とな。。。。。→ http://t.co/RteTZGqE

  • 返信

    2013年1月9日

    あー、わかるわかる。:「さみしい」ってなんですか?ー2012年の冬に渋谷で逆ナンした話 | None. http://t.co/O9XIbUrq @MiUKi_Noneさんから

コメントを残す