に投稿 コメントを残す

相談はぐちゃぐちゃのままでした方がよい

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

12月14日

知り合いの編集者さんに小説を読んでもらって、アドバイスをもらう。

これまで1年半進まなかったのは題材や筆力の問題ではなく、構造の問題であることが明らかになる。目の前の霧が晴れたよう。もっと早く相談すれば良かった。

知り合いに言われたのは、「相談はね、相談内容がまとまってからするんじゃないんだよ。自分でまとめられるくらいなら相談する前に答えが出せるでしょ。ぐっちゃぐちゃの自分でもわけわかんない状態で、『それでも聞いてくれますか?!』って言って聞いてもらうんだよ」。

私はこれまでとにかく相談が下手で「とにかく何でも自分で解決できる人=エライ」と思ってた。相談=相手の時間を取ること、だと思っていた。

でも周りからしたら、相談しないばっかりに成果が出るのがずるずる遅れるよりは、相談内容はわっけわかんないし、しょっちゅうヘルプも出すけど、早く問題を解決して、それでも成果を出す人の方がいいに決まってるよね。

12月15日

昨日と今日続けて、著者の知人2人と会う。二人とも今年本を2冊出し、活躍している女性たち。

二人とも今年書きたいことは書き切って、次に何を書くか考えている、踊り場にいる状態。

こうして会って話すと、画面の向こうで輝かしい活躍を見ている人でも、それぞれいろいろな種類の悩みを抱えて、もがいて、あがいて、最終的な「本」という形にたどり着いているのだな、と思う。

自分だけではない、と安心する気持ち。

今やっている小説について、第二稿に入って急に進まなくなり、本当はこんなこと、書きたいわけじゃないのになあ、という思いと、書けてないなあと思う部分と、ここは絶対に書きたい、という部分がまぜこぜになってマーブル模様状態。自分でも選り分けられない。

今回の小説は、最初、編集者に何書く?と聞かれた時、

「ファンタジーを書きたい」と言ったら商業的に売りにくいからダメ、と言われ、最初から書きたいものに蓋をして始めた状態。

現代モノは現代にリンクしているわけで、その分現実とのフックがたくさんあり、わくわく、楽しく書いている一方で、次こそは書きたいことを好きなだけ好きなように書いてやる、という気持ちが、原稿に向かっている間も、パソコンを叩く指の隙間からも、ペン先からも漏れ出てきて、あふれてしまうのは止められない。

この気持ちを大事にしようと思う。

待ってろよ。

やっぱり私はファンタジーが書きたいのだ。

12月16日

月1で通っている、山梨の山奥にある陶芸工房「増穂登り窯」から、前回作った作品が焼きあがったとメールが入る。

増穂の窯は電気の窯ではなく、未だに薪と火を使って陶器を焼いていて、そのため1週間ものあいだじゅう人がつきっきりで窯の番をし、火を絶やさぬよう見張り続けなければならない。

窯の温度はゆっくりゆっくり、100、200、300℃……と上げてゆき、最終的には1400にまで到達するのだが、それがなかなか大変で、火は電気と違って人間の思うようにはいかないから、気を抜くとすぐに燃えが悪くなって温度が下がってしまうし、一生懸命薪を放り込んでいるのになぜか温度が下がってしまうことがある。

私はこの窯の温度を上げる作業がなかなか下手で、工房でアシスタントをしている宇田川さんに

「窯の火の温度を上げるコツはなんですか?」と聞いたら

「上げよう、上げようと思わないで、『下がらなければオッケー』くらいに思いながらやること。そうすれば自然と上がるから」

って。

下がらなければオッケー、かあ。

昨年は絵本も含めると3冊も出し、今年は一冊も出ていないので、「こんな自分はダメなんじゃないか」とか「私、本当に大丈夫かなあ」とか、焦りと不安の中でひたすら暗中模索の1年だったのだが、前作よりもクオリティが落ちてさえなければいい、と考えれば気が楽だ。

急に上げようとするから、上がらないのだ。3年くらいでまあ、1冊出るくらいで、自分にはちょうどよいのかも。

7日間かけて焼成する増穂の登り窯の火のように、自分をゆっくり上げていこう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

に投稿 コメントを残す

子供向け文章講座を開催します。【小学生対象】ダンスで作文!?!子どもの表現力を伸ばす作文講座(冬期講習)

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

子供の好奇心と思考力を育てる探求型学習塾a.schoolさんで、小学生向けの2日連続の作文講座をやることになりました。

1日目はダンス(体を思いっきり動かす)で感情を解放。頭やことばで考えてもなかなか出てくることのない、自分でも気づいていなかった微細な感情が、みんなで体を動かすことで現れます。
2日目には従来の「作文」のイメージから離れた方法で子供たちの中にある”誰かに伝えたい”気持ちのコアを引き出し、言葉や絵や声、様々な方法で遊びながら表現します。
教室で原稿用紙に向かい合っているだけではなかなか育ちにくい「表現したい気持ち」を引き出し、自由に書いたり伝えたりする楽しさを知ってもらおう!と、これまで子供たちを相手に数々のワークショップを手がけてきた、ダンサーの友人と企画しました。小学生のお子様がいらっしゃる方はぜひご覧いただけますと幸いです。

(お申し込みはこちらのページから) 

【小学生対象】ダンスで作文!?!子どもの表現力を伸ばす作文講座(冬期講習)

 

表現は十人十色!からだで表現して、ことばで伝えよう。

文章を書く時に大事なことは、「自分の気持ちを知ること」と「伝える相手を意識すること」。

今回の作文講座では、「自分の気持ちを知る」方法としてなんと「ダンス」を使います。
「ダンス」といっても、特定のダンステクニックが必要な、難しいものではありません。ここでいうダンスとは、自分の身体を思いっきり動かして遊ぶことです。

そして、自分の嬉しい気持ちってどんなものだろう?悲しい気持ちってどんなものだろう?ということを、体で表現しながら、自分の気持ちを探究します。

頭やことばで考えてもなかなか出てくることのない、自分でも気づいていなかった微細な感情が、体で表現するからこそ現れます。1日目は、ダンサー青剣さんをゲストに、楽しく心と体をほぐし、気持ちを爆発させましょう。

からだを使って自分の気持ちを見つけた後は、ことばのプロ、文筆家の小野美由紀さんをゲストに相手に伝える方法を考えます。
作文でおなじみの原稿用紙は今回は使いません。模造紙いっぱいに、自分の伝えたいことをことばで表現しましょう!

普段は作文が苦手な子も、表現するのが大好きな子も、からだとことばで楽しく自分を表現し新しい自分を見つけましょう。

 

内容は多少変更の可能性があります。
原則二日間連続での受講をお願いしておりますが、ご都合が合わない場合は初日のみのご参加も可能です。お申込の際、備考欄にその旨お伝えください。

  日時 内容
一日目

2017/1/7(土)

低学年(小1-3):
10:00〜12:00

高学年(小4-6):

14:00〜16:00

からだで表現しよう

からだをほぐして、ダンスをして、自由に全身で表現します。表現を深めるためのインタビューでは、どんな天気?どんな色?などイメージで表現を膨らませます。

二日目

2017/1/8(日)

低学年(小1-3):
10:00〜12:00

高学年(小4-6):

14:00〜16:00

 

ことばで伝えよう
初日にからだで表現したことを、ことばで伝えます。この時大事なことは伝える相手を決めること。相手を想像しながら、模造紙いっぱいに自分の感情を伝える文章を書きます。最後は展示発表会。さあ、相手にちゃんと伝わるかな。

 

会場:
a.school 本郷校
住所:
〒 113-0033 東京都文京区本郷4丁目1-7 近江屋第二ビル 601
(都営大江戸線 本郷三丁目駅4番出口から徒歩1分)
(東京メトロ丸ノ内線 本郷三丁目駅本郷通方面出口から徒歩3分)
コース名

【小学生対象】 ダンスで作文?!子どもの表現力を伸ばす作文講座:からだで表現して、ことばで相手に伝えよう(冬期講習)

日程

2017年1月7日(土)8日(日)

(午前)10:00〜12:00
(午後)14:00~16:00

場所 a.school 本郷校
対象 (午前)小学1〜3年生
(午後)小学4〜6年生
定員 12名
申込締切日

2016年12月31日 (土) 18:00

授業料

10,000円(税込)
(二日間/塾生8,000円)

 

※お支払方法:
前払(銀行振込/クレジットカード)。詳細はお申込受付後にご案内します

※キャンセルポリシーについて:
キャンセルのご連絡をいただいたタイミングによって、以下キャンセル料のお支払をお願いしております

・一週間前まで:無料

・一週間前〜前日:授業料の20%

・当日:授業料の50%

講師・ゲスト

a.school講師  岡村麻美

文筆家 小野美由紀

ダンサー 青剣

主催 株式会社a.school

上記プログラムのお申し込みはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

に投稿 コメントを残す

いまのいままで忘れていた

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る

いまのいままで忘れていた
わたしのあたまの中が
でっかい演芸場であることを
 
わたしがのぞめば
馬はオレンジの炎を吐き
うさぎは尾を振り正確に時を刻んでほっぷする
正しい位置に配列した7匹のきじが
みかづきいろの声でぽぉんと鳴いて
その時あらゆる貝殻は
その二枚の手のひらで
涙の粒を受けとめる
夜の帳が
2枚の扉に幕を下ろし
 
7つの紅い火が灯り
記憶は未来と出会い
新しい天体が生まれる
 
はじまり はじまり
 
なぜ、しらないの
 
わたしの頭の中は
一角獣の沈む海
金の鯨のかける空
水と風のあいだのぶっしつ
 
なぜ、しらないの
 
あなたの頭の中には
海に通じる階段があることを
白い砂まじりの風が
びいだまいろのしぶきを巻き上げやってくる
草原へと開く扉があることを
 
そこでは世界は逆さまに見えるでしょう
 
そこでは透明な太陽が
見たことのない光の曲がり角を作るでしょう
星の軌道は涙より早く
悲しみの記憶をかけ抜け
新しい地平にたどり着くでしょう
 
どこかで絶えず巻き上がる憎しみの竜巻も
あなたの天蓋(うち)には届かない
 
わたしの頭の中は
海と空とが交わるところ
ダイヤモンドの砂嵐
夜と朝とが出会う浜
 
なぜ、しらないの
 
 
 
 
 
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る